日々の戯言

不思議なタカラヅカファン

スポンサーリンク

おはようございます。

む〜です。

宝塚を好きになってもうすぐ満9年目を迎えようとしている私。

だんだん数えるのもめんどくさくなってきたのでそろそろ観劇歴を聞かれたら「大体10年くらい」と答えようかなと考えています←

そんな私は今が一番宝塚に対して冷めている時期かもしれません。

完全に冷めているというわけでなく、ゆったり安楽椅子に座って客観視している時期って感じ。好きだった生徒さんの退団・異動を乗り越えてリラックスモードに入ってきた時期なのかも。

だからかな?

最近「タカラヅカファンってココが不思議」と感じることが増えてきました。

今日は特に「不思議だ」と感じた4つの不思議についてご紹介します〜。

 

*ココに書いてある「不思議」は全てのタカラヅカファンに当てはまるわけではありません。あくまでも全体的にそういった傾向があるのかなと個人的に感じたことを書いています!

スポンサーリンク

タカラジェンヌの性格を知っている

私が一番不思議だと感じるのはこれ。

先日Twitterでもボソッと呟いたけど、ほんと不思議


「〇〇さんは性格も悪い。それが顔に出てる」とか

「〇〇さん、性格ねじ曲がってそう」とか。。

容姿や舞台技術で好き嫌い・合う合わないが出るのは仕方ないし当たり前だと思うのですが、それに付け加えて知りもしない性格にまで言及するあたりが不思議だなと私は思ってしまうのです。正直「お前は一体何者だ」って感じです笑

もし、発言している人たちが直接彼女たち(タカラジェンヌ)とお話しするような仲で、よく彼女たちの人となりを知った上で発言しているのであれば、ふ〜んって感じなのですが、そうじゃないのであれば憶測・決めつけだけでそう発言できることが自体がとっても不思議なんですよね〜。

私だったら事実確認を取るのが難しいような性格・思考について、そこまで言及しないので尚更不思議。

どういう考えの元で「この人はこんな性格」と決めているのか知りたいです。

スポンサーリンク

ファン歴に拘る

私自身、ファン歴に拘ったことがありません。

わからないことはファン歴が何年あってもわからないし、「好き」という気持ちに対してファン歴は関係ないと勝手に思っているからです。

しかし、なかには出合い頭早々に「宝塚好きになって何年?」「まだ8年か!初心者さんだね」とやけにファン歴を気にする人がいたり、自分の意見をブログで発信することに対して「私は30年来の宝塚ファンですが、宝塚歴9年目の貴方の発言は聞く絶えません」とわざわざ御忠告してくださる方も中にはいらっしゃいます。

どこの世界でも「ファン歴」を気にする人はいるのかもしれないけど、私はそんな方々にお聞きしたい!

ファン歴ってそんなに大切なのでしょうか!?

ちなみに!このブログで「初心者さん向け」という言葉を使うこともありますが、それは差別的な意味合いではなく「宝塚初めての方に対して」という意味合いで対象者をある程度絞った方がいいかなという時に使用しています!

ご贔屓が褒められると「ありがとう」と感謝する

これもちょっと不思議。

私が褒めた(?)のはタカラジェンヌ自身であってファンではないのに、なぜか「ありがとう!」と感謝される笑

「ありがとう」と言われて嫌な気持ちにはならないので全然構わない(寧ろこちらこそ「こちらこそありがとう!」と言いたくなる)のだけど、なんか不思議ですよね。

私には無い感覚なのでこれは憶測に過ぎないけれどこのタイプの方はご贔屓様に対して「自分の」という意識が凄く強いんでしょうね。

「自分の」ご贔屓様が褒められた!と捉えられてとても嬉しく感じるのかもしれません。

ハッピーだし幸せなファンだと思いますが、同時にそのご贔屓様が批判されると「自分が」批判されたように感じてしまうのかも。。とも思います。時々そういったお問い合わせもくるので・・。

親身になって相手を思うのは素晴らしいですけど、まさに諸刃の剣ですね。

スポンサーリンク

ネット・噂に影響されやすい

急速にSNSが発達してきているからか、ネットの評判や噂に影響されやすい方が多いような気もします。

 

特にタカラヅカは今まで「秘密のベール」に覆われていた部分が多いので、ネットの普及によって急速にそのベールが剥がされ、みんながこぞってそのベールの内側を見たい、知りたいと思ってしまうのかもしれませんね。

 

私は基本的にネットの評判や又聞きした噂は「確証のない話」としてしか捉えられない(何かしらのエビデンスがないとどうにも理解できないという悲しき脳味噌)のですが、そういった類の噂を結構本気にしてしまう人も多いのが不思議です。

 

  • 「〇〇さんの休演の理由」
  • 「〇〇さんの退団理由」
  • 「〇〇さんの身の上話」

 

などなど、わざわざ「これは秘密だからね!」と教えてくれる人が今までもたくさんいましたが結局どれもご本人・もしくはご本人の身近な方から発信されたものではないことが多いんですよね〜。

なんでも信じられる・なんでも受け入れられる というのは利点でもありますが、個人的には特に疑問を挟まない人に対して不思議だなと思います。

以上、私が感じた「不思議」でした。

以上、私が感じた不思議でした。

何度も言いますが、ココに書いてある「不思議」は全てのタカラヅカファンに当てはまるわけではありません。

あくまでも全体的にそういった傾向があるのかなと個人的に感じたことを書いています〜。

でわ〜。

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-日々の戯言

Copyright© ZuccaZucca , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.