OG様

明日海りおが両立した”宝塚とアイドル”ーハイブリッドタカラジェンヌー

おはようございます。

む〜です。

 

今日も!一昨日から考えている「宝塚とアイドル」について考えていきたいと思います。

 

昨日の記事で「宝塚らしさを守った方がいい」と書きましたが、

 

私の中で”宝塚らしさ””アイドル”を両立できていたと感じるジェンヌさんが一人だけいます。

 

それが元花組トップスターの明日海りおさんです。

 

明日海りおさんが実現したタカラジェンヌのニューモデルは今後の宝塚にとって貴重なサンプルとなること間違いなし。

今日はその明日海りおさんが築いた宝塚とアイドルを両立するというスーパーハードなモデルについて考えてみました。

 

 

明日海りおはハイブリッドタカラジェンヌだった

 

みりおくんが現役生だった頃、なんとなく「みりおくんばかりを贔屓目に見てはいけない」と自分に言い聞かせていた。

みりおくんのお芝居や歌、お顔が好きだったから、どう頑張ってもみりおくんに対して客観的な意見を述べられる自信がなかったのです。

 

みりおが退団してもう少しで一年が経とうとしている今なら少しは客観的に彼女のことを考えられるかなと思って、この機会に色々考えてみたのですが、

 

明日海りおはハイブリッドタカラジェンヌだった。

 

というのが今の私が当時の彼女を振り返って思うことです。

 

もしかしたら宝塚史上初めて、アイドルの明日海りお宝塚男役の明日海りおをうまく両立させられたタカラジェンヌだったのかもしれません。

 

時代に寄り添いつつも”宝塚らしさ”を失わないスタイル

 

じゃあ具体的にみりおくんが作り上げたハイブリッドモデルってどんなものだったの?

となるわけですが、これはきっと私が語るよりも彼女の過去作品をご覧いただいた方がよりご理解しただけると思います。

 

先日もブログで書きましたが、今の宝塚100周年頃の宝塚ではトップスターの傾向に大きな違いがあります。

 

PICK UP!
宝塚100周年から変化した”スターの特徴”

続きを見る

 

それがこちら↓

  • 100周年頃:歌唱力と個性を重視。宝塚らしい方が多いが、新規顧客獲得には向いていない。
  • 現在:ビジュアルとダンス力を重視。宝塚らしい個性は感じないが、新規顧客獲得に向いている。

 

みりおくんはこのちょうど真ん中あたりを上手く捕らえられていたと思うのです。

 

  • 歌唱力がある
  • 芝居が上手い
  • 個性がある
  • ビジュアルが良い
  • ダンス力は普通

 

得意不得意はあったかもしれませんが、それでも彼女のタカラジェンヌ像は総合的にみても非常にバランスがいい(というか無双・・)

 

TVやSNSに写真が出ても人目を引くビジュアル

いざ劇場に赴けば、宝塚の男役らしさ満載の彼女に会える

 

特に花組に組替えしてからの彼女は男役芸に磨きがかかり、ますます宝塚らしさを濃くしていきましたよね。

 

明日海りおは、まさに宝塚歌劇団が今のタカラジェンヌに求めている理想の姿だったと思います。

 

過剰要求に応じなければいけないタカラジェンヌたち

一連の記事を読んでいただいた後に、私に対してこう思う人もいるのではないでしょうか?

 

「タカラジェンヌに色々求めすぎではないか?」と。

 

そうです。私たちはタカラジェンヌに色々求めすぎなのかもしれません。

でもそれは私が求めているのではなく歌劇団が今後のタカラジェンヌに求めているものではないでしょうか?

 

この要求に上手く答えられたのはみりおくんくらいです。

 

何かを得るためには何かを捨てないといけない。

みんなが明日海りおにはなれませんから。

 

次のハイブリッドタカラジェンヌが現れるのはいつかな?

楽しみに待ちたいと思います!

 

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

-OG様
-

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5