宝塚の観劇感想

宝塚歌劇団で消えてゆく”コンビ萌え”文化

おはようございます。
む~です。

 

最近色んな人事発表があるじゃないですか。

 

人事発表が出るたびに期待や喜びよりも「へー」という無味乾燥とした言葉しか出てこない自分がいます。

 

今回のまかまどコンビ解消も特にこれといった感情は湧き上がってこなかったのですが、ただ一つ思うことがありました。

 

それは

 

「まかまどファン辛いだろうな・・」

 

という同情。

 

 

今日は宝塚から消えようとしているコンビ萌えコンビ愛について語ります。

 

トップコンビは”1+1=1”ではなくなった。

今までの宝塚のトップコンビって、

 

+

 

な雰囲気があったと思うのです。

 

つまり一人の娘役と一人の男役が協力して一つのコンビ(理想)を作り上げていく。

今までは一人のタカラジェンヌとして自分の目標に向かって突き進んできたけど、コンビを組んでからはコンビとしての理想像をどちらかが退団するまで追い求めていく。それがトップコンビを組んだ人たちの運命であり、美しさだと思っていました。

 

そしてこれこそが宝塚のトップコンビ像だと私は思っていたんですよね。。
一昔前までは。

 

しかしここ最近の宝塚歌劇団が考えるトップコンビ像はどうも違うらしい。

 

1+1=1 ではなく

 

++ というコンビ単位ではなく個人を重視するような時代に突入したらしい。

 

軽率に”コンビ萌え”出来ない今の宝塚

れいはなコンビとまかまどコンビの解消を聞いたとき、(大変身勝手なのは承知ですが)ファンの方々を気の毒に思った。

特にれいはな、まかまどコンビは劇団的にもコンビで売り出していく気配があっただけになおさらファンの方が可哀そうだと思った。

 

宝塚はジェンヌさん個人個人を好きな人も多いけれど、トップコンビをセットで愛でる人だって決して少なくはない

だからこそ安易にトップコンビの解消をしないでほしい。と私は思う。

 

今回の人事も”安易”ではないのかもしれないけど、まかまどに関しては公演中にコンビ解消の発表をするなんてあまりにもファンに失礼なのではないだろうか・・。

本人たちだってやり辛いと思う。

 

そしてこれから宙組公演を見に行く人たちは、どんな気持ちでお二人の仲睦まじい姿を見ればいいのだろうか。

せめて公演終了まで夢を見させてあげてほしかったというのが私の気持ちです。

 

今の宝塚は軽率にコンビ推しなんてしたら心を踏みにじられるような感じがして。。。

なんでこんな風になってしまったのだろうと思います。

コンビ萌え・コンビ愛・添い遂げも宝塚の文化だと思ってたけど

私はね。

コンビ萌えもコンビ愛も添い遂げも宝塚魅力の一つだと思ってきました。

 

それだけが宝塚の魅力ではないし、他にもたくさん魅力があることも十分わかっている。

 

でもトップコンビという特別な関係は本宝塚歌劇団独自のものだから、そこだけは守ってほしかった。

コンビ推ししているファンに優しくあってほしかった。

 

宝塚の人事が合理化されていることには文句言わないけど

守るべきものはちゃんと守ってください・・・

 

では・・。

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

-宝塚の観劇感想

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5