宝塚の観劇感想

和希そらが教える『出来る人は何をやってもうまい』〜アナスタシア 感想③〜



おはようございます。
む〜です。

 

今日は!

 

何をやってもうまい、和希そらさんについて語ります。

 

リリーさんの持ち曲「Land of Yesterday」を聞きながら書くぞー!!

 

「あれ?和希そらいなくない?」から始まるリリーさん

1幕はほとんどバイトしていたそらくん(ダンスがキレッキレなのですぐ和希そらだ!と気づきました笑)

2幕からやっと和希そらみれるぞ〜と思って見始めたら、「あれ?和希そらいなくね?」となりました。

 

それくらい和希そらくんの女役が馴染んでいたんですよね。

 

リリーさんとマリア皇太后が自室で偽アナスタシアからの手紙を読む場面で初めてリリーさんが登場してくるわけなのですが、

 

まぁ。。。めっちゃ美人で。

しかもめっちゃいい声で。

 

一瞬「え?これが和希そら・・?なわけないか!←失礼」と脳内バグが発生しました笑

 

辛うじて幕間中に見ていてたずんちゃんのブリドリ(ずんちゃんブリドリ最終回の和希そらくんのお化粧がとても女性的で綺麗でした。。)を思い出して「あ!!!!!リリーさん=和希そらじゃん!!!!」と気づけました。

 

いやぁ・・リリーさん、贔屓目なしにとても美しい女性でした。

男役・和希そらからは想像できないくらいしなやかで美しい女性。

 

男役の時の低音ボイスからは想像できないほど深みのある夫人として舞台に立たれていて、宝塚初めての人はリリーさんを演じている人がゴリゴリの男役であることに気づけないんじゃないかなきっと。

 

若い女性ではなく、歳を重ねて人生経験を積んできた夫人として舞台で息づいている和希そらのリリーさんは、登場すれば必ず目で追ってしまうほど魅力的な女性でした。

 

「Land of Yesterday」/「The Countess and the Common Man」

 

和希そらの「Land of Yesterday」

そしてずんちゃんヴラドと歌う「The Countess and the Common Man」

 

どちらもミュージカルの曲として素晴らしい楽曲であることは間違い無いのですが、和希そらが歌うことによって更にリリーの魅力をパワーアップさせる曲になっていたように思います。

 

ぶっちゃけこの2曲に関しては原曲(ブロードウェイVer)よりも和希そらverの方が好きです。

 

和希そらがバーで歌うこの曲はとにかく勢いがある。

迫力がある。

 

「いま私はミュージカルを見ている!」という気分にさせてくれる歌い方でライブ配信で見ているこちらまでウキウキと体を動かしたくなってしまう魅力があります。

 

「Land of Yestaerday」特有の躍動感を殺さずに、そこにリリーの気持ちを軽やかにのせて歌い上げるあの感じ。
たまらないですよね〜。

 

そしてずんちゃんと2人で歌う「The Countess and the Common Man」

2人の過去の恋愛、そしてまた2人の間に恋が広がっていく予感を感じさせるこの曲。

 

ずーーーーーーっとこの2人の話を見ていたい!歌を聴いていたい!と思わせてくれるようなシーンに仕上がっていました。

 

宙組アナスタシアを見るまではいつもスキップしていた曲でしたが、これからはずんそらのヴラリリーを思い出して聞き込むことにします。

 

それにしても・・和希そらくんはよくここまで高音が綺麗に出来るようになりましたね

以前は高音パートが苦しそうに聞こえることがありましたが、女役を演じることによって自分の音域を確実に広げていってますよね。

 

こういう言い方をしていいのかわからないけど「第二の礼真琴」を見ているようで末恐ろしいです。

 

「できる人は何をやっても出来るのです」

和希そらを見ていると「出来る人は何をやっても出来る」ということを思い知らされる。

 

「これは事情があって出来ないから」とか

「これは苦手だからしょうがない」とか

 

そうやって自分が今まで言い訳してきたことが恥ずかしくなるくらい、彼女は出来なかったことを次には出来るようになっているし、その努力をしている。

 

和希そらは無限の可能性を秘めた小宇宙だ。

 

次回の小劇場公演もきっと素晴らしい出来に違いない。

 

関東民である私は今からライブ配信を楽しみにしています^^

 

それでは!

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-宝塚の観劇感想
-

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5