宝塚の観劇感想

月組『ダルレークの恋』感想(上級生編)



おはようございます。
むーです。

もうすぐ梅芸でも月組「ダルレークの恋」が始まりますね。

まだ先日の観劇感想を書ききれていないので、今日から劇中で印象に残ったジェンヌさん達に関する感想をまとめていこうと思います。

本日は上級生編、次回は下級生編でまとめますので、お時間あるときにご覧いただければ嬉しいです。

梨花ますみ(インディラ)

カマラの祖母であるインディラを演じたのはみとさん

 

やはりみとさんの演技は抜群に光っていましたね。

 

初めはカマラとラッチマンが一緒に踊る社交場の隅のソファに座って一言も発さずにそのままはけていくのですが、さすがみとさん。

 

一言も喋らずとも、みとさんの役が物語の中で重要なキャラクターであることはよくわかりました。というかオーラというか凄みというか。

 

座っているだけの場面なのに、『彼女は重要人物』であることを周りに知らしめるみとさんの演技力にみ惚れてしまい、最初の場面はミトさんの表情をオペラで追ってました。

 

その後、カマラにラッチマンと別れるように説得するインディラのセリフがまた素敵だったのですが、みとさんの今までのご経験が全てインディラの長年の経験を裏付けいるようで、インディラとして発される一言一言のセリフに説得力がありました。

 

あれじゃカマラもお婆さまのいうことだけはを聞きますね。

夏月都(アルマ)

噂好きで世話焼きなおばあさんを軽快に、嫌味なく演じてくれたのは都さん

 

以前から都さんの役作りが好きで月組さんの舞台を見るときは都さんのお芝居を楽しみに見に行っていました。

 

そして今回も大いに期待した都さんの舞台を拝見したのですが

都さん、やっぱりと言っていいのかわからないけど癖のある役が最高に上手いですね。

 

 

噂好きでお喋りなアルマという女性が私はとても苦手なのですが笑

 

都さんのアルマは憎めないのですよ。全く。

 

『またアルマが余計なこと言ってるー!』と思う場面が多々あるのですが、都さんのアルマを見てると憎めない可愛さが勝ってしまってアルマという女性を嫌いになれないのです。この塩梅が都さんは絶妙なんですよねー。

 

そしてこの可愛さがそれが風間くん演じるクリスナ(アルマの夫)が『なぜクリスナがアルマを愛し続けているのか』を体現してくれているんですよね。

 

歩き回ってる姿を見ると動物園の、、、』と言いかけてアルマを愛おしそうに見る風間クリスナ。

 

クリスナがアルマを愛する理由を観客全員で共有できるあの瞬間が私は地味に好きでした。

千海華蘭(チャンドラ)

からんちゃんのチャンドラ。

 

めっちゃ可愛かった。

 

ずっと言いたかったのだけど、『アラジン』に出でくるジャスミンパパにキャラクター性が似てるんだわ。

 

世間知らずすぎて可愛い。
いちいち出てくる言葉のチョイスも可愛い。
声も可愛い。
締める時は『よし!締めるぞ!』と気合いを入れて王の威厳を出してくるところも可愛い。

 

そしてこんな愛されキャラを永遠のフェアリー千海華蘭が演じてることがまた可愛い。

 

チャンドラを演じる時以外は色んなところでバイトして美声轟かせてくれるからんちゃん。

 

彼女も都さんと同じで毎回お芝居を楽しみにさせていただいている方の一人です。

 

何をやっても上手い。
どこにいてもからんちゃんだとわかるけれど、決してからんちゃん自身の個性が役の邪魔をしているわけではないのが彼女の役者としての魅力ですよね。

 

『チャンドラは俗世を知らずに育った純粋な王様』

 

という設定もしっくりくる役作り。

存分にチャンドラ王の可愛さを堪能させていただきました。

 

ご馳走さまでした!

蓮 つかさ(酒場の亭主/ハリラム)佳城 葵(支配人/ポトラジ)

れんこんあおいくんの芝居が好きだと今回の作品で改めて思いました。

 

毎度思うけどもはや誰かわからない。

それくらい役との一体感があります。

タカラジェンヌは個性的な方が多いですし、その個性がお芝居では邪魔になってしまうことも少なからずあります。

 

特に下級生は個性を磨きまくっている時期ということもあって芝居でもその人の個性ばかりが目立ってしまい、観客が役を理解しようとする過程でその個性が邪魔をしてしまうこともあります。

 

でもそれがれんこんと葵くんにはない。

 

ショーではキラキラと輝いていらっしゃるお二人だけど、いざ芝居となるとお二人の個性が全く見えなくなるほど完全に別の人間の人生を生きているように見えるんですよね。

 

何で表現したらいいのかわからないけど、

 

ハリラムの影には蓮つかさという人物が1mmも存在してないし、

ポトラジの表情や動作のどこにも佳城葵というタカラジェンヌがいない。

 

そんな感じなのです。

 

一点惜しいなと感じるのは、れんこんも葵くんも持ち味がほぼ一緒ということですかね。

今回お二人をまとめて書いたのも、お二人の持ち味が似てるように感じているのでわざわざ別にする必要を感じなかったから。

 

次回月組さんを観劇する時はお二人を別々に章立ててかけるといいなぁ。

次回は暁千星以下の下級生達について

上級生編、だいぶ長くなってしまいました。

次回は暁千星以下の下級生さん達について!

下級生編は今週中には書き終わりたいなあー。

それではまた明日!

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-宝塚の観劇感想
-

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5