花組

水美舞斗と壮一帆の対談を見て〜このままでは終われない〜

スポンサーリンク

おはようございます。

む〜です。

きのう、やっと「水美舞斗×壮一帆」のリクエストDXを見ることができました。

壮さんとマイティなんて「カナリア」ファンとしては見るしかないでしょ!

ということでずっと楽しみにしていた番組だったので見ることができてとても嬉しかったです。壮さん、最初は女優さん風の表情をして話していたのに、マイティと話していくにつれて段々と表情が「あの頃の壮さん」に戻っていくのが可愛いなって思ってしまいました笑

というかこの二人が今、この時期に対談しているということに一ファンとして胸が熱くなりました・・。

スポンサーリンク

意外と似ている壮さんとマイティ

以前から思っていたのですが、マイティの笑い方って壮さんにとってもよく似てますよね^^

なんていうんでしょうね。あの「ガハハハハハハ!」って感じの豪快な笑い方笑

ジャイアンではないけど・・プチジャイアンみたいな無邪気な笑い方

久しぶりに今回の対談で壮さんがガハガハ笑っているのを見て、「あ。マイティの笑い方って壮さんに似ているんだ」と気づきました。

でも、マイティの壮さんに似ている部分って実は「笑い方」だけじゃないんですよね。

お芝居の時の目の使い方もすっごくよく似てる(わかる人いるかなぁ・・)。

壮さんのお芝居を間近で見てきたマイティなので、あの特徴的な目の動きをいつしか自分の芸として取り入れたのでしょうね。

あともう一つ。これは”今だからこそ”かもしれませんが、

えりまゆの立場とれいまいの立ち位置も不思議と近いものを感じます。

えりまゆ、れいまい。

この同期コンビのことを考えると今回の対談って深いなと思ってしまうのです。

スポンサーリンク

今・この時期に二人が対談する意味

順当に行けば花組時期トップスターは柚香光くんで間違いないという今、

同期であるマイティには組替発表もないので、このまま花組の二番手として活躍するのかなと勝手に予想しています。

えりまゆの時もそうでしたけど、実力・人気が拮抗する仲の良い同期二人が同じ組の中で1・2番手を担うっていうのはファン的にはちょっと複雑な部分があったりします。

しかも壮さんの時は真飛さんの下で2番手を努めてきた上での蘭寿さん体制での2番手だったので当時は結構・・結構というかかなりモヤっとしていました。

まゆさんのことは大好きだったけど、えりたんファンの方の気持ちもわかるぶん心からトップ就任を喜んでいいのか初心者ながらに悩みましたもん。

そう考えるとえりまゆとれいまいの置かれた状況ってだいぶ異なるかもしれないけど、でも”水美舞斗のこれから”が注目されているこの時期に同じように同期を2番手として支え、最終的にトップとなった壮一帆さんのお話を聞くことにはとても意味があるように思うのです。

水美舞斗のこれから

壮さんと対談している時のマイティはめっちゃ後輩後輩していて可愛くて。ずっとこんな可愛いマイティを見ていたいような気持ちに駆られるのですが、学年的にも立場的にももうこういう表情をしている彼女を見るのは少なくなってくるんでしょうね・・。

それくらい彼女は劇団に期待されているし、その期待に応えてメキメキ成長しているから。

だからこそ。

だからこそと願ってしまう。

私はマイティの羽を背負った姿を見てみたいなぁと思ってしまう。

トップになることが全てではないし、なれない人の方が多いのはわかってる。

この願いはマイティの願いではなく、一ファンである私個人の欲望にまみれた願いだってことは100も承知です。

でも彼女にはトップとしての器があるし、何よりもセンターが似合う!

壮さんのように短期間でもいいから、彼女のトップ姿をみたいとお二人の対談をみながら考えてしまいました。。

でわ〜。

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-花組
-,

Copyright© ZuccaZucca , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.