お知らせ

真風涼帆の宙組に必要な『新鮮さ』



おはようございます。
むーです。

カフェブレとかスカステを見ていてると

 

宙組にそろそろ真新しさが欲しくなる。

ちょっと飽きてきた。

 

と思うことがある。

 

それって私だけかな?

 

特に宙組ファンでもない私の戯言をお聞きください。

 

新たな魅力が発掘できなくなった宙組

宙組さんは新たにトップ娘役として潤花ちゃんを迎えましたが、なぜか目新しさを感じないのは何故だろう?

 

  • メインメンバーが長らく固定されているからだろうか?
  • それとも演目に魅力を感じないからだろうか?

 

色々考えた結果、

 

びっくり箱のような存在がいない。

 

詰まるところ、

 

現宙組の魅力を見尽くしてしまったような気がするのです。

 

なぜこのように私は感じてしまうのだろう?

 

長らく宙組を支えてきた上級生がだいぶご卒業、組み替えされ、宙組内の若手が徐々に上に上がってきて組内の代謝は促進されている。

 

なのに何故こんなに宙組に対して『見飽きてしまった』と自分は感じているのか?

 

それは

 

  1. 約4年間メインメンバーの入れ替わりがほぼないこと。
  2. 他組からの組替えがあまりないこと。

 

この2点だと思うのです。

要員①:メインメンバーの入れ替わりがない

コロナもあったからしょうがない部分はあるけれど、メインメンバー(トップ〜3番手まで)が殆ど変わらずにここまで来たというのが新鮮さを感じなくなっている大きな要因の一つだと思う。

 

私にとって

  • トップスターとして見たかった真風涼帆の姿はほとんど見られた。
  • 2番手の芹香斗亜で見たかった役は十分見られた。
  • そろそろ桜木みなとが3番手以外の役を演じる姿を見たくなってきた。

 

今のメインメンバーで見たかった宙組はほとんど見れてしまった。

 

約4年間、メインメンバーが変わらなかったおかげで安定感はあるけれど、新鮮みがあまり無い。

 

新作が発表されても『新しい宙組をみれるかも!』

というワクワク感がない。

 

新人さんで今後が楽しみな方は何名かいらっしゃいますが、お芝居の8割方を担うメインメンバーが長らく変わっていないという事実は変わりません。

 

これが今の宙組に対する率直な思いです。

要因②:他組からの組替えがない

もう一つは他組からの組み替えが少ないこと。

この数年で宙組さんから何名も退団、組替えが出ましたが、その一方で宙組に組替えしてきた生徒さんは直近だと2019年に星組からきた紫藤りゅうくんのみ。

 

先ほども書いた通り、宙組は良くも悪くもメンバーに安定感があります。

 

この安定感は他組の生徒を極力入れずに生粋の宙組生だけでここまでやってきたというのも安定感の秘訣だと思います。

 

ただ、それゆえに組替えによって享受される外部からの刺激が今の宙組には足りない

 

新たなメンバーを加わったことによる、化学反応を宙組で見てみたいですね。

 

今の宙組を否定しない、肯定もしない

もし今の宙組に対しての印象を聞かれたら私は否定もしないし肯定もしない。

 

他組の勢い(組替えや新旧メンバーの入れ替え)が激しいだけに、宙組は安定しているものの組としてのパンチや目玉が足りないように見えるからだ。

 

間もなく大きな変化が宙組にも訪れるであろうから、今はその時を楽しみに待ちたいと思う。

 

ではー。

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-お知らせ

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5