宙組

和希そらに足りないのは◯◯だけだと本気で思う



おはようございます。

む~です。

先日放送された「夢千鳥」。

皆さんはもうご覧になりましたか?

 

ディレイ配信で一度は観劇できてはいたものの、やはり記憶から抜け落ちている部分も多くて。
何度も録画を見返して「この部分でそらくん、こんな表情してたのね・・(惚)」と何度もなりました。

 

彼女。やっぱりなんでもできる。

学年が上がるにつれてお芝居にも深みと色気が増して男役として完成された存在になりつつあります。

 

そんな彼女に足りないのは

「身長」

 

もうこれだけでしょう。

本当に何でもできる和希そら

私、あんまり「何でも出来る」って言葉好きじゃないんです。

今まで何でも出来るって表現を使用したジェンヌさんはたぶん「礼真琴」さんに対してのみだった気がします。

 

「何でも出来る」という言葉は私の中で「歌・ダンス・芝居が満遍なくハイレベル」なジェンヌさんにしか使いたくなくていままでなるべく使わないようにしてきました。

そもそもそんなジェンヌさんってなかなかいないですし、使う機会もなかなかなかったんですよね。

 

でも、和希そらくんには使ってしまいたくなります。

だってほんとに何でも出来るんだもん

 

ハッスルメイツは私が這ってでも参加したいと思っていた公演だったのですが、残念ながらチケットが一枚も降臨せず涙 泣く泣くスカステ放送まで待っていた公演だったのですが、TVを通してみても「やっぱり彼女はすごい」と思わずにはいられない公演でした。

歌、芝居、ダンス・・・。

全てがハイクオリティ。

第二の礼真琴と呼ばれているとどこかで聞いた気もするけど、ほんとそのとおりだと思う。

こんなジェンヌをこのままにしておいていいのかと握りこぶしを作ってしまうような。

久しぶりに熱い想いがこみ上げて来るジェンヌさんです。

 

宙組では埋もれてしまう身長

身長。

これってどうしょうも出来ない問題だと思います。

痩せる・太る・化粧を濃くする・化粧を薄くする。

外見を変えるために出来ることは沢山あるけれど、身長って本人がどんなに望んでも伸ばしたり縮めたり出来ない。

 

タカラジェンヌだって人間だから当然身長の高い低いを自分で選べるわけがない。

宙組は他組に比べて高身長のジェンヌさんが多いことで有名なだけあって、公式身長168cmの彼女(一般的な女性に比べたら十分高身長なんだけどね)だとどうしても群舞では埋もれてしまいがち。

これを「勿体無い、残念ね」ととるか、それとも和希そらのひとつの「アイデンティティー」としてとるかで劇団の和希そらへの扱いは一変するはず。

 

「身長が足りない」「釣り合う娘役がいない」という理由で彼女を出し惜しみしているのであれば、それこそ本当に勿体無いことだと私は思う。

 

星組でトップを務めている礼真琴くんだって決して背が高いわけではない。

どちらかといえば体型的に和希そら君に近いはずだ。

 

もし劇団さん「和希そらは身長が低いからなぁ」と二の足を踏んでいるようであれば、私は「大丈夫ですよ。身長を上回るほどの実力をもった男役です」と耳打ちしてあげたい。

それくらい出すべきジェンヌなんだよ、彼女は。

実力のある生徒さんに然るべき待遇を!

今も昔も思うのは、「然るべき生徒さんにそれ相応の対応を!」ということだけ。

私のこの意見なんて劇団にも伝わらない無力なものだとはわかっているけど、心からそう思わずにはいられない。

とりあえず、私は早く和希そらに東上してほしい。

でわ~!

今日も一日がんばりましょうね。

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-宙組

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5