星組

瀬央ゆりあ、有沙瞳は今が一番素敵だった〜「龍の宮」スカステ感想〜

おはようございます。

む〜です。

 

先日、「龍の宮」がスカステで放送されました。

私はオンタイムで見ることができず、ようやく見れたのが昨日夜だったのですが、噂に聞いていた通り素晴らしい舞台でした。

指田先生の脚本も初めてとは思えないほどよかった。。

 

宝塚ならではの美しい世界観

せおっちとくらっちの良さについて語る前に、「龍の宮」のストーリーの素晴らしさについて軽く語らせてもらいたい。

 

龍の宮は評判通り本当に素晴らしい作品でした。

こんな月並みな言葉しか出てこない自分が悔しいけれど、あの美しい世界は指田先生にしか書けないだろうし、せおっちだからこそ嘘のない清彦を演じられただろうし、くらっちだからこそ幻想的で美しい玉姫を演じられたのだと思う。

 

ストーリーは単純だけど、単純なストーリーだからこそ浮き彫りにされる各ジェンヌさんの個性と魅力が最大の魅力でした。

 

なので、この作品は宝塚歌劇で上演されたからこそ価値がある。

 

指田先生はこれがデビュー作らしいのだけど、先生の宝塚への夢とやりたかったことが上手く混ざり合った、なんとも宝塚らしい作品でした。

 

見始めると止まらない。

玉姫の赤い唇濡れたような髪の毛、そして何かを射抜くような真っ直ぐな瞳にグッと心臓を掴まれて「龍の宮」の世界に入り込んでしまう。

 

忘れられない。忘れたくない。彼女のあの時の表情を。

そう思いながら見ていたら知らない間に心が浄化されて、この作品が大好きになっていました。

 

まだ見ていない人も沢山いるだろうから私はこれ以上ネタバレしないでおきます。

 

が。

 

これだけは言いたい!

 

「バウ作品だと思って侮ることなかれ!!」

 

大変恥ずかしいのですが、私はこの作品をご飯を食べながら見ていたんです←

しかし、食欲失せました笑

 

いいお話だし、何よりも見応えがある。

 

なので皆さんにはご飯を食べながら見ることはオススメしません!笑

 

瀬央ゆりあと有沙瞳の”今”が最高であった

タカラジェンヌにはがある。

夢の国の住人であるタカラジェンヌだって私たちと同じ人間なのだから当然”最盛期”なるものがあるのです。

 

で、今回”龍の宮”を見ていて思ったのは

 

まさに今こそがお二人(瀬央ゆりあ・有沙瞳)の旬だ

 

ということ。

 

そしてお二人を見ているとこうも感じるのです。

 

トップになる。ならない。は大した問題ではない。

 

と。

 

私は”今”のお二人の演技が好き。

お二人のこんな素晴らしい舞台を見れるのならば、お二人の立場なんて関係ない。

 

瀬央ゆりあの清彦は”今”だからこそ、あれだけ清らかで真っ直ぐで優しい人柄を嘘なく演じられた

有沙瞳の玉姫も”今”だからこそ、人ならざる存在を見事に演じ、無表情の中の心の動きを台詞や動作に滲ませてることができた

 

彼らの今が集結し、美しい結晶となった。

それが「龍の宮」物語だと私は感じました。

 

これから鬼リピートする作品になった

 

雨の音。

血のような赤。

吸い込むような深い青。

 

玉姫の赤い帯を辿って海馬の海を泳げば、いつだって物語の冒頭に私は立てる。

まるで登場人物の一人かのように玉姫の美しさに立ちすくみ、清彦の唖然とした表情と雨音を思い出す。

 

龍の宮。

 

これから鬼リピートする作品になるでしょう・・。

では。

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

-星組

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5