星組

愛月ひかるの2番手羽に泣かされた女A〜「眩耀の谷/Ray」感想〜

おはようございます。

む〜です。

 

星組公演のチケットをあと1回分確保しているのですが、

果たして行けるかどうか・・涙

 

すでに一回見ているのであまり贅沢は言えないけど、

可能であれば愛ちゃんの2番手姿をもう一度拝みたいです。

 

今日は愛ちゃんが2番手羽を背負っているのを見て泣いた女A(私)の話をしていこうと思います。

 

*ネタバレありなのでご注意ください

愛ちゃんが2番手ポジにいるだけで泣けた

いつもは「眩耀の谷」の感想から入るけど、今回は「Ray」の感想から。

 

とりあえずだよ?

愛ちゃんが2番手ポジでギラギラしていることに感動したよね。

 

東京初日かつ4ヶ月ぶりの公演ということもあって、いつも以上に気合の入っていた愛ちゃん

視線の送り方とかカッコ良すぎて何度も悶絶しちゃったよ。

 

2番手ポジションを完全に自分のものにして立っている姿に思わず涙してしまいました。

 

愛ちゃんが専科にいくと聞いた時、複雑な思いもあったけど「専科異動は愛ちゃんにとってもチャンス!」と前向きに捉えてきたけれど、

専科に行ったらなかなか舞台見にいけなくなるかもなぁ(専科は出演も不定期なので)とちょっとだけ寂しくなっていたあの頃。

 

そんな愛ちゃんがまさか星組で2番手ポジションに立つ日が来るなんて。。。涙

私は想像もしていませんでした。

 

だから余計に泣けちゃったんですよね。

 

こっちゃん、ひっとんと並んで立っている時。

2番手として銀橋を渡っていらっしゃる時

男役群舞でこっちゃんの右側にいらっしゃる時。

 

 

瞬間瞬間で愛ちゃんが2番手になったのを実感して、一人でちょろっと泣いてました。

 

愛ちゃん、東宝での2番手お披露目おめでとう〜涙涙涙

 

着こなし抜群な愛月ひかる

 

もうさ、今回の愛ちゃんのお衣装全部素敵すぎんっ!?

 

「Ray」だと

プロローグの紫のお衣装も素敵だし、

くらっちと踊る時の衣装も素敵だったし、

あと黒燕尾の時のスーツの着こなしも素敵だったし。

 

「眩耀の谷」では中国の軍服?もめちゃくちゃ似合ってて本当にかっこ良かった。

 

愛ちゃんって「立っているだけで絵になる男役」だと今回も思いました。

 

あの肩幅と顔の小ささはずるいわ。

 

どんな衣装も似合っちゃう。

スタイル抜群の星組にいてもめちゃくちゃ目立って見えました。

男役として恵まれた体躯の持ち主だなと改めて実感。

 

もうそこに存在してくれているだけでかっこいい

なので今回も写真をたくさん買っちゃったのは家族に内緒なのです・・・←

 

管武将軍のストーリーをもっと知りたかったよ〜

個人的に、管武将軍のストーリーをもっと掘ってくれても良かった気がする。

 

瞳花との間に息子がいて、その息子を殺しちゃうなんて。。涙

しかも宣王に息子のことを言われた時に苦しげな顔をするんだよ。

 

きっと管武将軍にも色々事情があるんだろうと勝手に推測している。

 

「国も人も、動かすのは、仁でも無く義でもなく、利」

 

彼のこの言葉とこの言葉を吐き捨てた時の表情がとても辛そうで・・

管武将軍のストーリーをもっと見たかったなと思いました。

 

愛ちゃん演じる将軍があまりにも素敵だったぶん、

管武将軍のストーリーが薄っぺらくて残念に感じちゃったんですよね。

 

でも愛ちゃんはめちゃくちゃかっこいいので

愛ちゃんファンは絶対一回は見た方がいい公演でした。

 

愛ちゃんが星組にきて良かった!

愛ちゃんはことひと率いる星組に新しい風を吹かせてくれていました。

ことひととは違う魅力、「大人の色香」であったり「ダンディズム」を星組に自然と取り入れてくれたと思います。

 

どんなに激しい振り付けでも、98%は力強く踊って、残りの2%で余裕を見せてくれる

程よい抜け感が上級生としての余裕を感じさせてくれます。

 

愛ちゃんのこの持ち味は星組の後輩の新たな刺激を与えるでしょう。

 

愛ちゃんが星組に組替えしてきて本当に良かったと心から思った初日でした。

 

以上、愛月ひかる様の初日レポでした!

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

-星組

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5