宝塚の観劇感想 星組

礼真琴のダークヒーローは似合いすぎでダメだった(エル•アルコン感想)

おはようございます。
むーです。

昨日は星組『エル・アルコン』の千秋楽ということで!ライブ配信を実家にて観劇しました〜!!!

1時間前にはテレビの前に座り、テレビ画面を拭き拭きし、2人でパンフレットを広げて今日のポイント?的なことを話し臨んだエルアルコン千秋楽。

もうね。

カッコ良すぎた。

星組生全員が生き生きとしすぎて、『これが新生星組のお披露目か?←』と思ってしまった笑

 

ということで。
今日は星組『エル•アルコン』の千秋楽をた感想(礼真琴編)を書いていきますよ!

 

残念ながら観劇できなかった方も、
観劇した方も読みながら楽しんでいただければ幸いです。

礼真琴×ダークヒーローは似合いすぎて暗すぎる

こっちゃんがダークヒーローを演じるということで楽しみにしていた今回の作品。

開演のアナウンスからいつもよりもワントーン(2トーンくらい??)声が低くて気合入っていました。

こっちゃん念願の海賊物語なのでそれもそのはず!なのですが、、

 

個人的にはこっちゃんティリアンは似合いすぎた、、というか暗すぎた。

 

初演と比べてしまって申し訳ないけれど、トウコさんのティリアンは重苦しく暗い中にも天性の華やかさがあった。

そのおかげか、どんなに暗い役を演じてもそこまで暗く?ならなかったと思うのです。

 

しかし、こっちゃんティリアンはそうはいかなかった。

 

浅黒い肌、漆黒の長髪、そこの見えない深い眼光、そして冷たい薄い唇。

 

色気があるものの、とてつもなくじっとり暗かった

 

『本当にトップさん?』と思うほどに徹されていてもう少しだけ、、トップとしての輝きが欲しかった気がする(作品的に難しいかもしれないけど)

もともとこっちゃんは陽キャラというには真面目すぎる印象を受けていて。時々覗く真面目ゆえの暗さが印象的な男役さんでした。

今回はその暗さがティリアンの過去からくる暗さと相性抜群だったようで、トップさん特有の華やかさが消し飛び、兎に角じっとりと暗いキャラクターに感じました。

なのでエルアルコン中盤くらいからは『Rayでキラキラした礼真琴を見たいよ(渇望)』とキラキラした礼真琴を渇望しちゃいました。

いや。

かっこいいんですよ??
めちゃくちゃ。

ダークヒーローというカテゴライズを考えればぴったりだったと言える。

でもね、、宝塚のトップならではの華やかな雰囲気だけは残しておいて欲しかったなと個人的には思います。

悪く言えば 地味
よく言えば ダークヒーローに徹している

なので『似合いすぎるというのも考えもの』なのだなと今回初めて思いました。

ふとした仕草がエロい礼真琴

散々ここまで言ってきたものの、『エル•アルコン』は礼真琴の男役芸を楽しむにはとてもとても(大事なことなので2回いう)おすすめできる作品です。

個人的におすすめなのは

礼真琴の伏せ目!!!!!!!!!

なんだろうね?
アイラインの美しさが際立ってる。

睫毛の間からジワジワと色気が溢れてきて涙のように流れ出している感じがたまらん。

 

あとはね、ペネロープに対して

『貴女はなんて可愛い方なんだ、ペネロープ』

と囁く時の声のトーン。

声だけなのに色気半端ない。

殺されながらもティリアンに笑顔を見せようとするペネロープの惚れた気持ちが嫌でもわかってしまうワンシーンでした。

任せて安心の歌•ダンス

エルアルコンもRayも任せて安心、安定の礼真琴様でした。

なのであえて詳細は書かないかな。
文字にすると野暮ったくなりそう。
とにかく上手い!安心!

この2言に尽きます。

毎回思うけど、このクオリティを毎公演提供できることに驚きしかない。

タカラジェンヌといえども人間。
毎公演高いレベルを提供し続けることは本当に難しい。

でも礼真琴はできちゃう。

本人は嫌かもしれないけど『超人』と言わざる負えない。

改めて彼女の超人ぶりを確認した公演となりました。

こっちゃんロミオも楽しみにしてるよーー!!!

では!

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

-宝塚の観劇感想, 星組

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5