ファンクラブ(会)

宝塚のファンクラブに入るうえで覚悟したこと



おはようございます。

むーです。

 

以前からこのブログで会に入ることのメリット・デメリットや会を辞めた経験を元になぜ辞めることになったのかを綴ってきました。

 

「宝塚のファンクラブ(会)を辞めてよかった」と思っている女の話

続きを見る

 

今日はそんな私が再び会に入ることを決意した理由

そして会に入るうえで覚悟したことを書いてみようと思います。

 

苦手だった非公式ファンクラブに入会する理由

私のブログを以前から読んでくださっている方は、こう思うかもしれません。

[chat face="woman1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]あんなに非公式ファンクラブが苦手だって書いていたのいまさら入るなんて虫が良すぎる[/chat]

って。

 

そう思われて当然だと思います

もしかしたら見方によっては私は非公式ファンクラブのアンチだとおもわれていたかもしれません。(非公式ファンクラブの体制に色々思うところはありますが決してアンチではありません。宝塚は非公式ファンクラブがあって成り立っていますから!)

 

そんな私が何故いまファンクラブに入るのか?

単純な話です。

 

ファンクラブの諸々の制約を受けてでも応援したい、出来るだけ近くで最後まで見届けたいと思う生徒さんが現在いるからです。

 

ずっと前から陰ながら応援していましたが、今こそ応援すべきではないか?と心を決め、会に入って応援することを決めました。

会に入らずに応援するという方法もありましたが、自分の気持ちをブレさせたくなかったのと少しでも近くで応援したい・貢献したいという想いが強くなったため入会を決意しました。

 

もちろん入会するまでに躊躇いはありました。

  • 私なんかが入っても大して貢献できないのに、「応援したい」という気持ちだけで入ってもいいのだろうか
  • 集団行動苦手すぎる私が入ってしまって大丈夫なのだろうか

色々な葛藤はありましたが、会によって雰囲気もだいぶ違うし、まずは一度入ってみてできる範囲で活動しようと自分を鼓舞しました笑

会に入るうえで覚悟したこと

現在の私は

  • 在宅ワークに復帰予定(来年1月から)
  • 2歳児のワンオペ育児中

ということで前回ファンクラブに属していた時よりも断然自由が効かない身ではあります。

なので以前のように好きな時に好きなだけ観劇して入出待ちしたり、前払いのチケットを大量に購入(予約?)したりすることは難しくなりました。

(ま、今は入出待ち自体ないんですけどね・・涙)

 

こんな感じなのでファンクラブ的には私の会員としての価値はほぼ無価値に等しいワケです。

だからこそ今回の入会を決めた時、私はチケットやお茶会などのお取り次ぎ各種は一切期待できないことを覚悟しました。

当然ですよね。会員としての価値は無価値なワケですからそんな人間に数少ない席をお取り次ぎしたって仕方ありません。

 

ファンクラブの会員として、もっとも美味しい部分(お取り次ぎ各種)ではありますが今の私はその価値に値しない。。というかおそらくお取り次ぎしていただけるほどの価値が出ない。

 

自分に価値がないことを理解してそれでも入会する

これも私の覚悟です。

自分らしく会活動したい

今回は今までの経験を活かして自分らしく会活動できたらなと思っています。

また会活動していくうえで感じたことがあったら随時呟くかもしれません。

願わくば私らしく楽しい会活動になることを!!

でわ〜。

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-ファンクラブ(会)

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5