日々の戯言

歴代VISAガールとその傾向(ZuccaZuccaメモ)

スポンサーリンク

 

おはようございます。

む〜です。

先日、ひとこちゃんのVISAガール就任が決まってから色々と考えていることがありまして、今日はその考えをこのブログに書き残しておきます。

自分用メモなので色々とっ散らかっていますが、参考程度にご覧ください。

 

スポンサーリンク

VISAガールとは?いつから始まったのか?

VISAガール=

三井住友VISAカード、VISAジャパン(VJA)グループのイメージガール

のことです。

三井住友VISAカードは昭和63年の「キス・ミー・ケイト」を皮切りに、宝塚歌劇団の様々な作品に協賛してきました。

そして平成5年(1993年)に愛華みれさんを初めてイメージキャラクターとして起用したようです。

タカラジェンヌをイメージキャラクターに起用したのはつい最近のことなんですね!

というか私の生まれた年じゃん!1993年って!

もっと前からVISAのイメージキャラクター制度は始まっているのだと勝手に思っていたので驚きました。

ということは。

歴代イメージキャラクターの人数はそこまで多くないということですね!

スポンサーリンク

歴代VISAガールのまとめ(2019.11更新)

ひとこちゃんの就任に伴い、歴代VISAガールの方々を改めてまとめ直しました。

芸名イメガ就任時期イメガ就任→トップ就任までの期間トップとしての任期
初代愛華みれ花組1993年5年8年
2代目春野寿美礼花組2001年12月1年6年
3代目音月桂雪組2008年1月2年4年
4代目明日海りお花組2013年1月1年7年
5代目永久輝せあ花組2019年11月

 

まとめるの大好き人間なので、こういうテーブル作ると自分の頭の中まで整理されていくようで心地良き〜^^

まだ人数も少なく、データとして使用するには弱い部分もありますがざっとした傾向をみるには十分でしょう。

 

VISAガールの傾向

歴代のVISAガールのお顔をみていると特にジャンルを統一されているわけでもなさそうです。

あえていうなら音月桂さんから「爽やかな正統派男役」を好む傾向にあるように見えます。

 

イメガ就任からトップ就任までの期間もオサさんの頃から今にかけてみてみるとかなり短いのが興味深いですね。

先日も書きましたが、三井住友が大手スポンサーだということを考慮するならば劇団としても早めにトップへ就任させる必要があるように思えます。

ひとこちゃんやそのあとのVISAガールたちがどうなるか、今後に注目する必要がありそうです。

 

以上の考察から現時点でのVISAガールの傾向をまとめておきます。

VISAガールの傾向

  • 爽やかな正統派男役である
  • 一定の実力を有する
  • 数年後に花組でトップスターになる予定(?)がある

 

天下の三井住友ですし、大企業の顔として相応しいジェンヌさんを選ぶのでしょう。

「当たり障りのない」という表現を使うと語弊があるかもしれませんが、でも企業のイメージを損なわないようなジェンヌさんを選んでいる印象はありますね。

 

スポンサーリンク

疑問:VISAガールは花組縛りなのか?

一つ疑問なのですが、 VISAガールってなんで花組縛りなんでしょうね?

過去のVISAガールをみても、今回の例を見てもキムさん以外は最終的に花組生としてトップになっています。

今回のひとこちゃんの異動も、考えてみればVISAガール就任に伴って花組に異動したとも考えられます。

 

でもなんで花組縛りなのかがよくわかりません><

別に縛られているわけではないけど今までのVISAガールを見ると「花組トップであることがベスト」のように見えます。

 

もし誰か理由を知っていれば教えて欲しいなぁ・・・

 

ひとこちゃんの次のVISAガールは・・?

次期VISAガールの候補は5つの条件を元に独断と偏見で考えました。

今のところ花組の聖乃あすか君がひとこちゃんの次のVISAガールにふさわしい気がします。

 

あすかくん見た時から「これはVISA顔だ〜」って思いました笑

ま、まだずーっと先の話ですけどね!!

 

VISAガールはビッグタイトルですしこれからも注目していきたいですね。

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-日々の戯言
-, ,

Copyright© ZuccaZucca , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.