日々の戯言

95期フルセットは可能なのか?〜輝月ゆうまの異動で考えられること〜



おはよございます。

む〜です。

 

今日は加速し始めているように感じる宝塚歌劇団95期フルセットへのカウントダウンについて取り上げていきます。

 

先日も書きましたが、まゆぽんの専科異動はやはり全組95期トップ時代への一歩なのではないかと思っています。

 

今日は再度、95期の現状を整理し、改めて95期フルセットの可能性を探ります。

 

各組95期の現状

まずはここで各組95期の現状を考えていきましょう。

花組

柚香光:2019年11月25日付で花組トップスター就任

水美舞斗:3番手(バウ単独主演済・DS済)

月組

月城かなと:2番手羽。2021年2月赤坂ACTシアター/ドラマシティ公演済み(9月の初全国ツアー主演の振替?)

雪組

朝美絢:4番手(バウ単独主演済・東上公演決定)

星組

礼真琴:2019年10月14日付で星組トップスター就任

瀬央ゆりあ:3番手(バウ単独主演済)

 

宙組

桜木みなと:3番手(バウ単独主演済・東上済)

 

専科

輝月ゆうま

 

以上が専科含めた各組の95期男役事情になります。

現在95期男役でトップになっている方は2名。

 

そして近年のトップ就任前の恒例行事である”全国ツアー”を次にクリアしたと考えられるのが月組の月城かなとさん。
(2020年9月に全国ツアーが予定されていましたが、上演作品は変えずにACTとドラマシティーでの公演になりました。)

 

次点は去年東上公演を果たした桜木みなとさん

その次は今年5月に「ほんものの魔法使い」で東上予定の朝美絢さん

 

その他の95期(マイティー、せおっち)はバウ主演までで足並みを揃えている状態ですね。

 

さて、ここから95期の同時期トップは実現するのでしょうか?

 

95期同時期トップは荒療治

れいこさん全ツが決まった時、

 

「劇団は95期同時期トップを実現させようとしているのではないか?」と考えた人も多いかと思います。

 

私も「もしかして」と思った一人でした。

 

ただ考えれば考えるほど95期同時期トップは荒療治だし、他のジェンヌさんの犠牲必須の体制なんです。

 

例えばですが、仮にれいこさんが月組でトップになった後、5組全てを95期で揃えようとするとこのようなことが起こります。

 

花組:動きなし

雪組:彩風咲奈さんの短期 ?→朝美絢にバトンタッチ?

月組:月城かなとさんが順当にトップへ

星組:動きなし

宙組:芹香斗亜さんの短期 or 桜木みなとがキキちゃんを抜かしてトップに

専科:若手専科であり同期である輝月ゆうまによる専科特出→各組95期トップにとって強力なバックアップ。

 

雪組と宙組は2番手さんが95期よりも上級生さんです。

すなわち、95期の同時期トップを目指すとなるとその周りの学年にかなりの迷惑を被るわけなんですよ。

 

ただ今回のまゆぽん専科異動の意味を考えると、こんな無茶振り人事も一応考えられる気がします。

そして、仮に無茶振りしなくてもまゆぽんが専科生として数年間活躍してくれるだけでも95期生トップにとって心強い味方であることには変わりないでしょう。

 

95期同時期トップは必要か?

何度考えても95期トップはいろんな無茶をすれば可能そうなのですが、

 

何度考えても

「95期の同時期トップって必要なのか?」

という疑問にたどり着きます。

 

 

もし必要だとしたらそれは誰のために必要な体制なのでしょうか?

 

95期の同時期トップは確かに話題性もあって華やかかもしれない。

タカスペもいつもとは違う盛り上がりがあるかもしれない。

 

でもその話題性や華やかさのために誰かのジェンヌ人生を犠牲にしていいのか。

 

なるべき人が順当にトップになるべき。

 

過去の経験を劇団さんならわかっているはず・・!

 

95期は素敵な人材が揃っているし、他に95期のトップが出るのは素晴らしいことだけど、誰にでもタイミングというものがあるはず。

 

ただ、、まゆぽんの専科異動は87期にとっての沙央くらまさん、89期にとっての凪七瑠海さんと同じ立ち位置だと思っています。

 

ということは95期トップが新たに誕生する日もすぐそこまで来ているのかもしれません。

 

 

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-日々の戯言
-, , ,

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5