日々の戯言

宝塚ファン、憩いのMUJIカフェ閉店に思うこと



おはようございます。
むーです。

 

昨日MUJIカフェの閉店を知りまして、本日まで引きずっています。

『推しは推せる時に推せ』

って言うけれど

 

これは飲食店にも同じことが言えますね涙

緊急事態宣言明けたら〜とか
入出待ち再開できるようになったら〜とか

 

言ってる間にこんなことになってしまって本当に残念です。

 

東京宝塚劇場の目の前にあるガラス張りのカフェ

MUJI日比谷店は東京宝塚劇場の真向かいにあるカフェです。

東宝シアタークリエビル2階でホテル「レム日比谷」のロビー階に位置する広すぎず、狭すぎずのカフェ。

 

大きな窓からは東京宝塚劇場の賑わいもよく見え、観劇の予定がないときもよくこのカフェで1人でランチしたり、お茶しながらぼーっとしていたことを思い出します。

 

コロナ前は東京宝塚劇場で観劇する時は必ずMUJI日比谷店か今なきゴジラ横のスタバに1時間前くらいからお茶してました笑

 

特にMUJIカフェは軽食〜ランチまでその日の気分やお腹の好き具合に合わせて料理をチョイスできたので本当に助かっていました。

 

2007年に開業して以来、多くの観劇ファン、特に宝塚ファンを迎え入れてきてくれた愛すべきカフェが閉店してしまうと聞き、多くの宝塚ファンから惜しむ声が上がっていますがそれも納得。

MUJI日比谷店は我々東宝民にとって本当に使い勝手が良かったのです。

 

※ちなみに、レム日比谷の支配人は元宝塚歌劇団娘役の貴柳みどりさんが務めていらっしゃいます!

 

MUJI日比谷店に助けられたヲタ活。

宝塚ファンは何かと早めの行動が要求されることが多い。

 

チケット争奪戦も
当日券並びも
入出待ちも
観劇前の待ち合わせも

 

何事も余裕を持てるくらいの早さが求められます。

 

そんな宝塚ファンにとって重宝されてきたのがMUJI日比谷店でした。

 

ここのカフェの開店は朝7時から!!
夜は通常営業時は22時まで開いていたのでジェンヌさんの出待ちを待つ時も最適でした。

 

朝、始発で地元を離れて当日券に並び、無事チケットを変えた後にMUJIカフェでぼーっとしながらジェンヌさんの入りを2階からギャラリーできる至福の時間。

 

御目当てのジェンヌさんの入りを見るために早くから入店し、いまかいまかと待っていたあのドキドキ。

 

観劇前に東京宝塚劇場の賑わいを横目に母や友人と公演パンフレットを読みながら見どころや注目の生徒さんについて語り合った唯一無二の時間。

 

MUJI日比谷店で提供される食事の美味しさとかそーゆーのは全く記憶にないのですが、思い出せば出すほど楽しい思い出が胸に溢れてきて幸せな気持ちになるのです。

 

言い過ぎかもしれないけどあのカフェ無くして私のヅカヲタ時代の生活はあり得なかったと言いたいです。

 

Café&Meal_MUJI日比谷は10月25日(月)で閉店!

最後になりましたが、今まで本当にお世話になりました!!涙

もう1年以上コロナで全く行けてなかったけど、いつも『宝塚観劇する前にMUJIで一息つきたいな』って思ってました。

閉店はとても残念ですが、あの日当たりの良い空間で得た宝塚ファンとしての10年分の思い出は今後も私の宝物です。

ありがとうございました!

Café&Meal_MUJI日比谷は10月25日(月)まで営業されるそうなので、劇場に御用がある方は一度訪れてみてください。

ではでは。

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

関連記事

スポンサーリンク

-日々の戯言