宝塚の観劇感想

月組 出島小宇宙戦争 感想 (メインキャスト編)

おはようございます。
むーです。

 

今日は出島小宇宙戦争のメインキャストについての感想を書こうと思います。

いつもより長めのブログになるかもしれませんがお付き合いくださいいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

鳳月杏(カゲヤス)について

月組に帰ってきてから初めての主演公演!
しかも初東上!

 

ということもあってちなつさん好きなファンとしては必ず行きたかったこの公演でした。

まずはちなつさんが真ん中に立つ公演を見れて本当によかった

 

これに尽きます。

月組での今後の立ち位置がどうとか、小難しいことを考えずにちなつさんが0番に立っていることを喜ぶ作品でした。

《ビジュアル》

そしてビジュアルですが、文句なし

 

ちなつさん独特の渋さを活かしつつも、意外にこーゆーちなつさんはいままで見たことなかったことに気づかされます。

 

長い手足に銀髪!
そして無駄にデカイ武器!

 

漫画みたいなビジュアルだけどこれを現実世界に違和感なく降臨させてしまう谷先生とちなつさん凄い

 

ということで今回のビジュアルは彼女の良さを十分、もしくはそれ以上に活かしたものになっていたことを皆さんにお伝えしたい。

 

フィナーレのソロダンスの時の衣装もありえないくらいかっこよくて(語彙力喪失)、普段舞台写真を買わない私が思わず写真を買ってしまうくらいかっこよかった

 

銀髪×ブラック系統の衣装はずるいわ、、。

 

《台詞/歌》

開演アナウンスの声はどちらかというといつものふわふわちなつさんで笑

 

ほんのり声も高めで可愛かったのですが、いざ舞台が始まるとガコンッ!と男役スイッチが入るのがわかるほど声が太くカッコよくなるのがいいよね〜。

 

台詞をいう時も歌う時も相変わらずええ声で、登場シーンから『ちなつさんの声好き〜』ってなりました。

 

以前は聞き取りづらい部分(声が篭ってしまう部分)もあったけど今回はそれを感じなかったのが個人的な気づきでした。

 

全体的に台詞の一つ一つが明瞭で聞き取りやすかった。

 

歌はもちろん上手い!
だいもんやこっちゃんのような歌のうまさではないけれど、男役としての味を感じさせる歌い方で私はこの人の歌い方がやっぱり好きだなあと思いました。

 

上手いか下手かではなく、それ以外の魅力を感じさせてくれる歌声ですよね。ちなつさんの歌声は。

 

《ダンス》

カゲヤスとしてダンスを踊る場面はほとんどないのですが、フィナーレのダンスがね!!!

もう素晴らしいのよ。

 

カゲヤスを見ているとダンスのイメージが薄れていきがちなのですが、彼女のダンスを見ていると『もっと長く踊ってくれーーー!』と思わずにはいられません。

 

長い手足を最大限に活かした振りがとっても素敵でした。

振り付けが細かく早いダンスが多かったので下手したら振り付けに気を取られるあまり小さく踊ってしまいそうなダンスでしたが、ちなつさんの手にかかれば全ての細かい振りさえも何故かダイナミックに見えてしまう不思議笑

 

彼女のダンスは鷹の羽ばたきをイメージさせますね。

大きく美しく羽ばたく。
余裕のある羽ばたき。

 

男役群舞のあとにちなつさん一人で踊る場面があるのですが、(このシーンめちゃくちゃかっこいいのでこれから観劇される方は心臓を強くしてみに行ってくださいさい笑)舞台が狭く感じるほど彼女は大きく踊ります。

 

大きく躍りながらも余裕を感じる。
ふとした瞬間にブワッと色気が溢れる

 

やっぱり私は鳳月杏の男役芸が好きだわ、、、

もう一度恋に落ちました

 

スポンサーリンク

海乃美月(タキ)について

何度目かの小劇場ヒロインのうみちゃん。
初々しさよりもベテラン感が増してきたうみちゃんですが、何年経っても色褪せない透明感は健在

 

前回の大劇場公演ではストレスフルな母親役を演じていましたが、どんな役をやらせても彼女から透明感は奪えないなぁと今回の公演をみて改めて感じました。

《海乃美月の透明感》

どんなに口の悪い役を演じようと、どんなに意味不明な設定の役を演じようと、『実は根はいい子なんじゃないか?』と思わせてくれるのがうみちゃんの好きなところ。

 

悪役なら純粋な悪役になれる。
いい役ならどこまでも清らかな娘役になれる

 

うみちゃんみたいな色褪せない透明感をもつ娘役ってすごく大事だなぁと今回思いましたね。

ネタバレになっちゃうから白字にするけど、
カグヤ(月の住人)=うみちゃんって設定も他の人だと?ってなっちゃうかもしれないところを海ちゃんだからなんか納得できちゃう不思議、、笑

 

改めて彼女特有の透明感は貴重だなと思いました。

 

最後のデュエットダンスではザ・正統派娘役 海乃美月でちなつさんを立てつつも、海乃美月本人の儚さ、それでいて聖母のような包み込むような優しさが彼女の瞳から、指先から滲み出ていてなんとも幸せな気持ちになりました。

 

娘役は男役を立てろ!とは言わないけど、男役を立てる能力はやっぱり宝塚では必要だなと思いました。

暁千星(リンゾウ)

メンイキャスト編の最後はりんぞう。

なんだけど、ありちゃんリンゾウに関しては正直ありちゃんの能力を無駄遣いしてるとしか思えなかった(谷先生すいません。)

 

いまこれだけ実力のある暁千星にこの役をやらせるのってどうなんだろうって思ってしまったんですよね、、。

 

オリジナル作品だからこそもっと彼女を活かした魅力的な役を作ってあげられたのではないか?と思ってしまいました。

 

ありちゃんに関しては声もいいしダンスもキレッキレだし、もちろん文句なしの舞台姿でした。

 

ありちゃんファンには是非フィナーレの男役群舞を楽しみにしていただきたいです。

次回大劇場作品でのご活躍がほんと楽しみです!

 

スポンサーリンク

次回はサブキャスト編!

この公演はメインキャストはもちろん、サブキャストについても語りたいことがあるので次回はサブキャスト(と言うかメインキャスト以外)について語ろうと思います^^

それではまた明日お会いしましょう〜!

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の観劇感想
-, , ,

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5