宝塚の観劇感想

宙組『アナスタシア』千秋楽 感想①(素晴らしきコーラスに涙する)

おはようございます。
む〜です。

 

昨日は午後休とって宙組さんの「アナスタシア」を観劇しましたよ〜。

関西には行けないので勿論ライブ配信での観劇でしたが、カメラさんのナイスワークによりノンストレスで見ることができました。(ほんとにいつも助かってます!ありがとうございます!!!)

 

初日から絶賛の嵐だった宙組「アナスタシア」の観劇感想を今日は書きたいと思います。

 

【全体感想】海外ミュージカルってすごい

「アナスタシア」の楽曲は事前にかなり聞き込んでいましたが、とにかく耳馴染みが良いのでどの場面で聞いても「あ!あの曲か!」と思い出せました。

 

プロローグからひたすら名曲、名曲、名曲!!!!
もう名曲の嵐!!

 

全体を通して「とにかく曲がいい!!」という印象を受けました。

 

また海外ミュージカルならではのスムーズな場面転換も見ていて気持ちがよかったですね。
特にプロローグのアーニャの寝室→ロマノフ家が襲撃されるまでの一連の流れは、リボンが解けるようにスルスルとノンストップで場面が移り変わっていくにも関わらず、全然ストレスを感じないし置いてけぼりを喰らわない。

 

ほとんどセリフがないプロローグですが、セリフがなくとも素晴らしい音楽演者たちの演技ノンストレスな場面転換によって絵本が目の前でパラパラと捲られていくような感覚で序章を理解できました。

 

宙組生、スタッフさんの頑張りがあってこその今回の「アナスタシア」だったとは思いますが、やっぱり海外ミュージカルってすごいなぁと感じる作品になっていたと思います。

 

内容は単純明快だけど演出や曲が一つ一つがヅカヲタには新鮮で、「もっと海外ミュージカルみたい!」と思っちゃいましたね。

 

【個別感想①】さすが”コーラス”の宙組だった。

全体感想はここまでにしておいて。

ここからは作品ではなく、宙組生に関する感想を書いていこうと思います。

 

まずはじめに感想を書きたいのが「宙組のコーラス」について。

 

いやぁ・・・・すごいよ。本当に。

 

”宝塚のコーラスは歌詞が聞き取りづらいのは当たり前”だと思っている節がありましたが、宙組さんのコーラスはめちゃくちゃ綺麗ですね。

 

コーラスに対して「美しい」とか「綺麗」とかって言葉があっているのかわからないけど、とにかく繊細だった。

 

一人一人の発声が綺麗なのかな?
あれだけの人数で歌っても歌詞が全く潰れない(聞き取りづらくない)。

丁寧に声が重なって綺麗な層になって重厚なコーラスになっていた。

海外ミュージカルの曲を日本人が歌うと大体声量不足を感じてしまうのですが、宙組さんに関しては全くそんなことなかった。
最初から最後までへたることなく分厚くて美しいコーラスを聞くことができました。

 

宙組のコーラスを聞くだけで「アナスタシア」を見にいく価値があると声を大にして言いたいですね。

 

*Roumor in st.Petersburg
*Stay I pray you

 

この2曲のコーラスが特に素晴らしかったので、今後観劇予定がある方はぜひお聞きください!!

 

【個別感想】今回のMVP

今回一番よかったなと感じたタカラジェンヌを1名選ぼうと思ったのですが、毎度のことながら1名には絞りきれませんでした笑

 

今回は3名のお名前を挙げさせていただこうと思います!

 

 

む〜のMVP

・和希そら
・桜木みなと
・芹香斗亜

 

今回はこの3名が特に素晴らしかった!!

「アナスタシア」はアーニャ以外の娘役さんがほとんど出番無しだったのが(←これだけ不満)残念でなりません。

 

明日はトップお二人についての感想を書く予定です。

もしお時間あればご覧くださいませ〜。

 

それでは!!

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

-宝塚の観劇感想
-

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5