宝塚の観劇感想

風間柚乃が壊した「学年」という枠組み



おはようございます。
む〜です。

 

もうすぐ子供のプレ保育が始まるのでその準備に追われております・・。
1日1日が矢のように過ぎていって自分の時間が全然確保できてない涙

 

今週末はゆっくりスカイステージでも見ようかな!

 

さて、今日は後日「ダルレークの恋」感想を詳しく書きたい「風間柚乃」さんについて少しだけ語ります。

 

「学年」に囚われない風間柚乃

下級生さんについてこのブログで紹介するとき、よくこんな言葉を使います。

まだ下級生さんだし、技術的に足りないところはあるけれど・・」

 

  • 下級生さんだからお化粧は大目に見るべき
  • 下級生さんだからお芝居が多少棒読みになっても生暖かく見守りましょう!

 

舞台人としてまだ一人前とは言えない彼女たちを「生徒さん」として認識し、このような言葉をよく使うのですが、風間くんに関してはこの認識を持つこと自体が間違っているんじゃないか、失礼に当たるんじゃないかと思わせられるようなことが多い。

 

「下級生だから・・」で片付けてはいけない。

「下級生でもこれだけ出来るんだ」ということを彼女は身を以て舞台で証明してくれている。彼女の舞台を見ると毎度毎度そのクオリティの高さに圧倒されます。

学年という壁に囚われすぎていない彼女のいつでも前のめりなスタイルが私は結構好きだったりする。

華やかなオーラと確かな実力、スター級!

私も詳しくは知らないけれど、彼女は芸能人の姪だか娘だかなんからしい(本当に興味なさすぎて何一つ覚えていない笑)

 

でも、そんな出自の特殊性を一切感じさせないのが彼女の素晴らしいところ。

うまく言えないけど「自分(風間柚乃)で勝負しにきている」その強い決意が観客にもしっかり伝わってくる。

そしてそれがいい方向に彼女を輝かせていると感じています。

お芝居、歌、ダンス、そしてオーラ。

全てにおいて「風間柚乃ブランド」がしっかり出ていて、どこにいても「あ!あれはおだちん(風間柚乃の愛称)だな」とすぐにわかるし、惹きつけられる。

めちゃくちゃ歌・ダンスが上手いかというとそうではない。でも確かな実力とそれに見合った華やかなオーラがダダ漏れていて、目を離させない男役へと確実に進化を遂げています。

 

彼女は名実ともにスター級だとお芝居でもショーでも確信しましたね。

純粋に「この方の主演舞台を見たい」と思わせてくれるジェンヌさんはなかなかいないので、これからのさらなる成長が楽しみです!

オラオラしてるおだちんが好き!

話は変わるけど、おだちんってなんであんなに「男臭い(褒めてます)」のでしょう?

おだちんの噛みつくような視線というかオーラが、私のタイプすぎてギュンギュンします←

 

柚希さん・蘭寿さんを足して2で割ったような目ヂカラの強さと男らしさ。。

彼女は星組花組向きな気がします。なんとなく。

将来有望な男役さんだし、「生え抜き」なんて勿体無いことせずに他組に異動してもっともっと力をつけて欲しいなって思います。

 

さぁこれからどうなるかな〜??

とりあえずこれからも自分なりに追いかけようと思います。

でわ〜。

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-宝塚の観劇感想
-

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5